アルインコ 短波帯オールバンド オールモード レシーバー DX-R8 フロントパネルセパレーション可能 c04cdwguw41495-建築、建設用

アルインコ 短波帯オールバンド オールモード レシーバー DX-R8 フロントパネルセパレーション可能 c04cdwguw41495-建築、建設用

0.15〜35MHzをSSB(U/L)/CW(U/L)/AM/FMモードで受信。
IQ信号と検波信号の出力ポートをリアパネルに装備、
フリーウエアのSDRソフトKG-SDRを使えばフィルタ帯域を調整してノイズや混信を避け、
さらに受信中の帯域周辺を録音して後から受信し直すようなことまでができ、
もちろんHFDL、FAX、NAVTEXなどのデータ通信デコードにも最適です。

デュアルVFO搭載で、2波を切り替えて交互にワッチが可能。
フロントパネルセパレーション式のボディ。

7桁英数記号表示が可能な600chメモリー(200ch×3バンク)と、モード毎に設定可能な周波数ステップ。
±1ppmの周波数安定度、オーディオ出力2W、優れた選択度と受信感度、IFシフトとRIT機能など、
通信型受信機を超える性能を持ちながら、リーズナブルな価格を実現。



【一般仕様】

周波数範囲:0.150〜34.99999MHz(表示は0.030から)
電波型式:J3E(LSB.USB)/A1A(CW)/A3E(AM)/F3E(FM)
アンテナインピーダンス:50Ω/M型
受信方式:ダブルコンバージョン・スーパーヘテロダイン
中間周波数:1st:71.75MHz/2nd:455kHz
受信感度(代表値):
SSB/CW(S/N10dB):0.15〜1.8MHz 0dBuV(1uV)AM(1KHz、30%変調):0.15〜1.8MHz 20dBuV
(10uV)1.8MHz〜30MHz 6dBuV(2uV)FM(12dB SINAD):28〜30MHz −6dBuV(0.25uV)
※記載の帯域内における代表的な数値であって、全帯域を保証するものではありません。
電源電圧/外部端子:DC 13.8V±15%
接地方式:マイナス接地
消費電流:最大約1.0A(待ち受け時 約0.7A)
周波数安定度(-10℃〜60℃):±1PPM以内
低周波出力:2W以上(8Ω負荷)
外形寸法(突起物除く):約240×94×255mm
重 量:約4.1kg



【標準付属品】

・DCケーブル(EDC-37)
・取扱説明書

アルインコ 短波帯オールバンド オールモード レシーバー DX-R8 フロントパネルセパレーション可能